So-net無料ブログ作成
検索選択

映画:フライドグリーントマト [映画]

friedgreen.jpg

かおり箱のかおりさんがご紹介の1991年のアメリカ映画フライドグリーントマト

Amazonの商品説明より)

人生に疲れぎみの中年主婦エヴリン(キャシー・ベイツ)は、ある日、老女ニニー(ジェシカ・タンディ)と知り合いになり、彼女の語る昔話のとりこになっていく。それは約50年前、兄の死によって心を閉ざしてしまった少女イジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)と、かつての兄の恋人ルース(メアリー・ルイーズ・バーカー)との交流の物語だった…。 過去の物語を語り聞かせながら、現代に反映させていくという構成が秀逸な、女たちの世代を超えた友情の物語。地方色を巧みに生かした設定や映像美など、映画的に見るべき価値は高い。J・タンディとK・ベイツ、アカデミー賞受賞の実力派名女優ふたりの心地よい演技合戦も、大いに見ものである。監督はジョン・アブネット。(的田也寸志)

私の好きなキャシー・ベイツですが、映画の前半では、夫に顧みられなくなった保守的な主婦を演じています。彼女のイメージに全然合わないんだけど、それはそれで興味深く、夫に振り向いてもらいたい可愛い主婦を演じています。
叔母を訪ねた施設で老婦人ニニーと出会い、彼女の昔話を楽しみに施設に通うようになり、自分自身の生き方も変わっていくその姿は「よしよし、いつものキャシー・ベイツだぞ」と思わせる設定。
老婦人のニニー役のジェシカ・タンディが良いですね~。

フライドグリーントマトはニニーの昔話に出てくるイジーとルースが二人で経営する「駅前カフェ」の名物料理で、青いトマトの薄切りにパン粉をつけてフライにしたものだそうで、本当にそんなものが美味しいのかどうか、食べてみたいような食べたくないような・・。

昔話には、ちょっとギョっとするようなエピソードも散りばめられており、飽きさせることの無い二時間でした。

ちょっとネタバレ


イジーは片腕を無くしたバディ・ジュニアを引き取って育ててたと思うんだけど、結局彼はどうなったんでしょう?映画の中で言及があったかな?
母親代わりで育ててくれたイジーを1人にしておいたのが解せないわ~。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 3

かおり

そういえばバディ・ジュニアについては言及してませんでしたね?
この作品のキャシー・ベイツはチャーミングでしたね♥
青いトマトのフライ、実際はハチミツで甘みをつけるそうなのですが、ちょっと想像ができないので(笑)私は小麦粉をつけて多目のサラダオイルで焼いています
少し強めに塩こしょうしておくとけっこうおいしいですが、実はコーンミールが近所で手に入らないので苦肉の策です^^;
焼いたトマトって好きなんですよー(・∇・)ノ
by かおり (2009-08-23 15:22) 

ふぁびゅらす

>かおりさん
nice&コメント有難うございます。
毎度ながらTBのやり方がわかってなくてすみません(^^;
バディ・ジュニアどうなっちゃったんでしょうね~。最後に彼が迎えに来て・・っていう設定だったらよかったのになぁ~。
トマトのフライ、はちみつ味なんですか!想像できませんね。
塩コショウで小麦粉つけて焼く・・これも想像できないけど、やってみようかな??
by ふぁびゅらす (2009-08-23 22:57) 

ふぁびゅらす

>ponchiさん
nice有難うございます
by ふぁびゅらす (2009-08-26 09:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。