So-net無料ブログ作成
検索選択

淋しいのはお前だけじゃない [テレビドラマ]

doblog過去記事より

親が商売をしていた関係で、子どもの頃から、けっこう放置されていた私(^_^;)
始終テレビばかり見ていた。昭和40年代、まさにテレビの黄金期。
海外物でポパイやトムとジェリー、アニメはスーパージェッター、宇宙少年ソラン、エイトマン、特撮物でウルトラQ,ウルトラマンシリーズ・・etc.
夜は母親が大好きだったプロレスとか・・(笑)

そのせいで、テレビが大好き!
特にドラマが好きで、今はさほど見ないのだが
昔はいろんなドラマにハマっていた。
その中で、私がDVDを買ってまで繰り返しみたいドラマがいくつかある。

私のドラマ大好き人生の中でトップの位置を占めているのは、
市川森一脚本の、「淋しいのはお前だけじゃない」である。
TBS金曜ドラマで、確か大きな賞を取ったのではなかったか。

今は、ワイドショーのコメンテーターとしてしか名前を聞かない市川森一だけれども
二十数年前の彼は乗りに乗っていて、「傷だらけの天使」の脚本を始め
本当に売れっ子だったし、才能に満ちあふれていたと思う。

この「淋しいのはお前だけじゃない」は、西田敏行主演、脇を固める俳優陣も芸達者ばかり。梅沢富美男ブレイクしたのもこのドラマだった。
筋立ても最高!毎週金曜日、何があっても欠かしたことがなかった。

場末の小さなサラ金業者の男が、借金取り立てするはずが
反対に取り立てられる立場になって、同じく借金を抱えた人間を集めて
芝居小屋を作り・・・。

このドラマの見せ場は本当にいくつもあって、それぞれの回にエピソードがあり、
どの回も素晴らしい出来なのだけれど
私が一番印象に残っているシーンは、西田敏行が、郊外の造成中の新興住宅地内のバス停で、橋爪功扮する「警察に追われている」と信じ込まされている男を待っているシーンである。

遠くにポツン、ポツンと新築の家が建ち、真新しい道路だけがまっすぐに伸びている。
誰もいないバス停。白い道を向こうからバスが男を乗せてやってくる。

降りてきた男と言葉をかわし、「後はうまいことやっておくから逃げろ」と騙して
また去っていく男を見送る。
この男もまた淋しい人間なのである。

何気ないこのシーンが大好きである。

淋しいのはお前だけじゃない。
だけれど、その淋しさは一人で乗り越えなくてはいけないものなのだ
と言っているように思えた。

あの住宅地も今では成熟した街になっているだろう。
出演した何人かも亡くなった。

しかし、DVDで再生された世界には、生き生きと動き、精一杯生きている人々がいる。
作り物のドラマだからこそ、人の生きることへの肯定を痛感させられる。

(でも、やっぱり現実は厳しい・・・乗り越えられないと感じることもある。淋しいのは私だけのような気もする)
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

NO NAME

ポパイ・トムとジェリー・スーパージェッター・宇宙少年ソラン、エイトマン・ウルトラマン…それらは観ていたハズなんですが、そのころのドラマの記憶が…(記憶喪失か?)。
それにしても懐かし~い。。。

by NO NAME (2009-05-20 14:46) 

ふぁびゅらす

>NO NAMEさん

コメント有難うございます。
(ひょっとして○まりんさんか?)

テレビ、本当によく見てました。
アニメや実写物、特撮物、面白かったですね~。
その当時かどうかは分かりませんが、細腕繁盛記とか見てました~~。おやじ太鼓とか・・・(笑)あのちょび髭のおじさん、なんて名前だったかな~~??進藤なんとかさん?
by ふぁびゅらす (2009-05-20 18:35) 

ひまりん

失礼しました。NO NAMEのひまりんです。
わかりました? 
もう書かなくてもOK?(そんなことないですわね…w)
「あれ? コメント書いたのに違う人が一番になってる~」っと。(笑)

…ドラマのタイトルは知ってるんですが、出ていた俳優さんとかの記憶がない…得意の記憶喪失かも。(笑)

by ひまりん (2009-05-20 19:09) 

ふぁびゅらす

>ひまりんさん

あぁ、やっぱり(笑) いいんです、「ひ」のみでもOKです[黒ハート]

私は昔の事はよく覚えてるけど、最近のことは覚えられないという年寄り脳です(*_*)
by ふぁびゅらす (2009-05-21 06:23) 

good

>市川森一脚本の・・・・

ウルトラセブンもそうですよ!
天才です!
by good (2009-05-24 20:22) 

ふぁびゅらす

>goodさん

そうそう、ウルトラマンもそうでした~。
天才です!
by ふぁびゅらす (2009-05-24 20:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。