So-net無料ブログ作成

狂気 by PinkFloyd

早速、先日着いたピンク・フロイドの「おせっかい」「狂気」を
服の間から取り出して(笑)聴いた。

とりあえず、おせっかい(Meddle)の中の大作「Echoes」を聴く。
何十年ぶりかで聴いたにもかかわらず
音の一つ、一つが、まるで、つい昨日聴いたかのように鮮明に甦ってくる。
胸が痛くなり、涙がにじむ。
CDジャケットの写真もそのままだ。
レコードジャケットの中にいた4人は、そのままの姿でそこにいる。

早く、早く・・と「狂気」(The dark side of the moon)を取り出す。
まず聴くのは「Time」だ。
デイブ・ギルモアのギターで腰が抜けた。

次に「Money」を聴き、ついに開けた口からよだれが垂れた。

私は完全に30年前にワープし、レコードジャケットを胸に抱き
暗い部屋で耳を澄ます女子高生に戻っていた。


Timeの中のこのくだり・・

Tired of lying in the sunshine staying home to watch the rain
You are young and life is long and there is time to kill today
And then one day you find ten years have got behind you
No one told you when to run ,you missed the starting gun

当時の私はこの部分を聴いて、10年後の自分の姿を思い描いていたはずだ。


しかし、気がつけば、過ぎていたのは「10年」ではなく「30年」で
私は「自分はこのままでいいのか」と悩む20代後半の女ではなく
完全に出遅れて、スタートラインでずっこけたままの、歌詞カード一つ読むにも老眼鏡の必要な、ど中年女になっていたのであった。

ま・・いいか。
ギルモア様も57だし・・。
8人の子持ちだし・・・・・。

・・またかよ・・・(ーー;

(この記事は5年前に書きました)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。